fbpx
MENU

希少柑橘ジャバラ「柑方」

花粉症対策「ジャバラ」お急ぎください。ピーク時季の為、在庫が少なくなっています。

「ジャバラ」が花粉症対策に大変注目を集めており、現在、ピークの季節のため、多くのお客様からご注文をいただいており、お届けに時間がかかる可能性がございます。お申し込みをご検討中のお客様は、お早めにご注文ください。

なぜ、花粉症対策=「ジャバラ」なのか?

現在、花粉症の時期に最も注目を集めている「ジャバラ」

なぜ、こんなにも注目されることとなったのでしょうか?

それは、ジャバラの原産地である和歌山県の北山村に秘密がありました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

花粉症大国日本
日本の人口の半数近くの人が花粉症と言われています。
そんな花粉症大国の中で、同じ日本なのに、花粉症の方がほとんどいない村があるというのです、、、そう、それが和歌山県の北山村です。なぜなんでしょうか?

その秘密こそ、「ジャバラ」にあります。

ジャバラの原産地には花粉症の人がいない?!

和歌山県のジャバラ

ジャバラの原産地で、ジャバラを日々食べている和歌山県の北山村の人々は97%が森林でスギに囲まれた秘境と言われる村で暮らしているにも関わらず、

花粉症の人がほとんどいない奇跡の村なのです。

花粉症やアレルギーのメカニズムとは?!

花粉症やアレルギーのメカニズムをご存知でしょうか?

なぜ、花粉症になるのか?
なぜ、花粉症になると目が痒くなったり、鼻水が止まらなくなってりするのでしょうか?

そのメカニズムを簡単に解説したいと思います。

私たちの体は、元々、体内に異物が入ってきた際に、それらの異物を体外に排出しようとする働きがあります。これが免疫です。正常に働いてくれている時はものすごくありがたく、身体が病気等になるのを防いでくれています。

ところが、この免疫が何かしらの原因で過剰に反応し過ぎてしまうと、免疫の本来の働きである体からの異物の侵入を過剰に出そうと、目から目やに、鼻から鼻水、口からくしゃみなど、体に侵入した異物から身体を守ろうと必死に頑張ってくれます。

ヒノキやスギなどの花粉が原因となって、それらの花粉を必死に出そうと、目やに・くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を引き起こす病気が花粉症です。

アレルギー、と一言でいっても、様々な種類があります。
そのメカニズムとして、特定の症状の原因(抗原)に対して、免疫反応が過剰に起こることですが、その抗原がダニだとダニアレルギー、花粉だと花粉アレルギー(花粉症)ということになります。
これらのアレルギーは、I型(即時型)アレルギーと言われ、花粉や植物(ソバ、小麦粉、こんにゃく、大豆等)の植物性アレルゲン、ダニ(ハウスダスト)羽毛、羊毛、牛乳、卵、エビなどの動物性アレルゲン、化粧品の成分等のアレルゲンがありますが、ジャバラに含まれている「ナリルチン」はそれらI型アレルギー症状に効果が期待できると言われています。

季節のムズムズに待ってました!

↓↓↓大事な時季に集中出来る環境作り。秘密は↓↓↓

和歌山県で有名な、花粉症対策「ジャバラ」をご存知ですか?

全国でも希少で、「幻」「伝説」などと例えられるほどの希少な柑橘系果実「ジャバラ」

自然交配で生まれた雑種で、種がほとんどなく、接ぎ木で増やした希少な果物です。
和歌山県では、このジャバラが花粉症対策になっています。

その秘密は、他の柑橘系に比べ、ダントツで入っている成分スーパーフラボノイド「ナリルチン」と言われています。

スーパーフラボノイド「ナリルチン」

ジャバラには、「ナリルチン」というフラボノイドがたくさん入っていて、季節のムズムズに効果的と言われています。
料理の風味づけはもちろん、入浴用として美容と健康にも利用されています。

希少柑橘「ジャバラ」

こんな症状でお悩みの方

☑️季節の変わり目にムズムズする
☑️肌荒れ等が気になる
☑️お子様に薬を飲ませたくない
☑️ゴルフに行っても集中出来ない
☑️ティッシュが手放せない
☑️マスクをはずせない
☑️アレルギーに悩んでいる
☑️くしゃみが止まらない

是非一度、お試しください

季節のムズムズにスーパーフラボノイド「ナリルチン」

こういうのを待っていた!季節の変わり目、ティッシュが手放せない。そんな貴方へ

ご存知ですか?!スーパーフラボノイド「ナリルチン」の威力!

ナリルチンは、柑橘類に含まれているフラボノイドの一種です。
このナリルチンには、人が花粉などのアレルギーに反応する際、放出するヒスタミンを抑制することが分かり、大変注目の成分なんです。

それが、和歌山で採れる「ジャバラ」には、大変多く含まれています。
「ジャバラ」漢字で書くと、「邪祓」邪を祓うことから名付けられたと言われています。
和歌山県の生産は、全国の80%以上を占めています。

和歌山県のじゃばら

幻の果実「ジャバラ」ってなに?

ジャバラとは?!

和歌山県にある北山村が原産地

この名前は「邪を祓う」ことから名付けられたとされています。

とある頃から「花粉症に良い」と噂になり、広まっていった柑橘です。

種がほとんどないので、接ぎ木で1本ずつ増やしていったそうです。

地元では正月料理には欠かせないもので、他の地方で栽培されていなかったため、「幻の果実」と呼ばれています。

希少柑橘「ジャバラ」

こんな症状でお悩みの方

☑️季節の変わり目にムズムズする
☑️肌荒れ等が気になる
☑️お子様に薬を飲ませたくない
☑️ゴルフに行っても集中出来ない
☑️ティッシュが手放せない
☑️マスクをはずせない
☑️アレルギーに悩んでいる
☑️くしゃみが止まらない

是非一度、お試しください